原子力発電所の事故による放射性物質が飛来し、なんの知識もなく立ち向かわざるを得ませんでした。

危機管理能力のない者達の過去のいい加減な仕事のせいで、多くの人間が苦しみました。

私の住んでいる二本松市は避難区域にはなりませんでしたが、それでも怒りが込み上げてきました。

実際に避難を余儀なくされた方達の怒りは私には計り知れないものであろうと考えています。

避難区域にはならなかったとはいえ、それでも不安、怒り、苛立ち等々を今も抱えています。

私は以前から何かをしていると頭の中で旋律が流れ出す妙な癖があります。

大概の場合オーケストラのような感じで流れてきますが、オーケストレーションが全くわかりませんので、ピアノに託すことにしています。

この曲は、様々なできごとを時系列的にまとめたものです。

どのようなことがあったかを知って頂ければ幸いです。



Music start

曲 の 構 成

次の順に旋律を並べたものです


巨大地震にみまわれた

原子力発電所の事故にみまわれた

放射性物質の飛来に思考不能に陥った

放射性物質の理解が皆無のなか訳もわからず立ち向かった

放射性物質からの避難民が押し寄せてきた

食糧がなくなった

ガソリンが底をついた

東海大学医学部の方々がトラックで神奈川県民の善意も積んで救援物資を届けてくださった

國學院大学ギターアンサンブルOBからの救援物資で食いつないでいる

スーパーマーケットが再開したが、食材が安全か不安に駆られた

寒さのなか普段の仕事に加え、放射能対策と避難者対応に追われた

長崎県職員の方々の応援が連日続いている

職場環境が大きく変わった

不安のなか多忙を極めた

人災は腹立たしかった

それでも訳もわからず立ち向かった




曲目へ
HOME