徐々に様々な情報を得ることができるようになるにつれ、原子力行政に携わってきた者達の無責任さに怒りを覚えました。

大津波は学者さんがとうに警告を発していたにもかかわらず、なんの知識もない社員がこれを抹殺したこと、メルトダウンに伴う水素爆発は電気の確保ができなかったことに起因する等、あまりの無責任さ、お粗末さに怒りを禁じえませんでした。

一方で放射能の不安がある中で、救援物資を届けてくださった方々、慰問においでくださった方々等々、心打たれる機会を多く頂きました。

反面、無責任であった者達は、その当時得た報酬を返還もせず、事故後は何もしないということも知りました。

避難区域ではないものの、放射線量が高くはない、健康に直ちに影響はないという言葉を信じて私はこのまま福島県で生きていくことにしました。

この判断が正しかったどうかは、後年明らかになると思います。

今回の原発事故を通じての反省は、広島、長崎の方々に対して、阪神・淡路大震災等の災害に遭われた方々に対して心配りが中途半端であったということでした。

痛い目に遭うと痛かった人達の想いが少しではあっても感じることができたように思います。

原発事故の被害者のまま終ってはならないという心、前へ進んでやるという強い心も湧き上がってきました。

当初この3曲目は不安や怒りは消えることはないものの、ご支援頂いた方々に励まして頂き、その感謝を胸に前へ進もうと、最後は行進曲風な旋律で終るものでした。

けれども、これだけの大惨事を引き起こしたにもかかわらず、誰も罰せられない、誰も悪くないという裁判所の決定がなされたという新聞報道に怒りが爆発し、奇妙な旋律もどきの音の羅列が頭の中で駆け巡り、考えた末に行進曲風な旋律を捨て、音の羅列をそのまま曲の後半にもってきました。

私はこんなふうに考えています。

どういう立場の人間がどうすべきであったかという、当事者がなすべき検証を正直にすべきであると。

そして、原発事故のみならず、災害に遭っても辛くても前へ進むことが大事なのではないかと。

現代の日本人は、過去の災害、過去の教訓を活かせませんでした。

事故が少しでも風化しないで、このような思いをする人がもうでませんようにと願うのみです。


付記

私の意見を申し上げますならば、原子力発電に限らず、危機管理意識、危機管理能力のない者は責任あるその場から去れ、ということです。



Music start


曲 の 構 成

次の順に旋律を並べたものです


美しいものを汚された怒りが日増しに大きくなる

美しいものを汚された恨みもどうしようもなく大きい

自宅の除染を始めた

放射線量の多寡に一喜一憂した

根気よく除染を続けた

放射性物質に覆われた保育園の室内で園児達が遊んでいる

園児達を守るため日々保育園の洗浄を続けた

真夏に青白い肌の園児達が室内で遊んでいる

伊勢原市の被曝ピアノ演奏会実行委員会から義捐金が届いた

札幌市民の方から救援物資が届いた

メゾソプラノ歌手の方とピアノ伴奏の方が保育園などの慰問におみえになられた

原発事故以後のことをひとり思い起こした

私の怒りは収まらない

全てが無意味と思うなか動き出す意義を探した

献体された或る方の奥様からの善意に奮起しようとした

不安と怒りが交錯した

それでも希望を探した

日々原発事故の話題で時が過ぎて行く

原子力発電所に無関心であった自分に腹が立った

みんなで頑張るしかないという意見に傾いて行く

次々と発生する問題と我が心との戦いが続く

対応の杜撰さに日本のレベルが下がったと嘆いた

凡ミスの報道の多さに不信感はつのる一方であった

それでも故郷福島で生き抜く序曲を奏でようと決意した

あたりまえの生活を取り戻そうと思う

地道な除染作業を再開した

情けないと思いながら除染作業を続けた

無念さが続いて消えることがない

連日の失態の報道に心が乱れるばかりである

稚拙な対応に怒るのみである

それでも怒りを抑えつつ除染作業を続けた

空しさに心が折れそうになる

絶望的な怒りが続く

関係者の言い訳の羅列が続き、除染作業は遅々として進まないことへ怒りは爆発寸前である

除染は何年経っても進むことはないと感じた

寒さの中での除染作業に切なさを感じた

心がどこへ向かうかわからない

美しい故郷を返せとの思いを抱きつつ除染を続ける



もどる
曲目へ
HOME