(曲名をクリックすると曲が始まります。)

 この曲は、18歳のときに作った曲で、13歳まで住んでいた生まれ故郷の小路を懐かしんだときに浮かんだ旋律です。
 美しい町でしたが、放射性物質が降り注ぎ、特産品の生産中止などに追い込まれています。
 美しいものを汚された悔しさは、私にもあります。
 福島県は良い所だったと気付かされました。
 早期の復興を願って、かつての美しさをわかって頂きたくて載せました。



もどる
HOME