(曲名をクリックすると曲が始まります。)


 友人のお父さんのお葬式に上京した折に、根津美術館に立ち寄り、同館の庭を巡っていたときのこと、ここは放射能の心配がない所なんだと安堵感に満ちたとき、嬉しいような悲しいような複雑な心境になりました。
 そんなときに頭の中で流れてきた旋律です。
 途中、小さなレストランに立ち寄り、昼食を摂ろうとした折にも別の旋律が頭の中で流れました。
 不安定な心境だったせいか、譜面に書いてわかったことは、最初から最後まで4分の5拍子でした。
 くらしかるみゅーじっく風ではありませんが、事故後の一つの心境として載せました。






もどる

HOME