Play piano music from Fukushima -4beats room-

The melodies of the piano from Fukushima
 
HOME > 4Beats Room

4 beats room4拍子の部屋

Quadruple tempo sounds stable.
4拍子ってのは、安定感のある拍子ですね。
我よ、立ち上がれ
Stand Up.
我よ、立ち上がれ
 Allegro 2/4 A moll Piano Duets
 アレグロ 4分の2拍子 イ短調 ピアノ二重奏

Decontamination work made me tired.To shake it off, to stay strong, I wrote this song.

自宅の除染作業を続けていると、もうやりたくないといった気持ちになります。それを振り払い自らを奮い立たせるために作った単純な曲です。

はるをまつひと
Someone waiting for spring
はるをまつひと
Allegretto 4/4 D dur
アレグレット 4分の4拍子 ニ長調

I wrote this song from what came to my mind when I was talking with my wife looking after her mum at her place when she said a word that I couldn’t stop laughing. It’s an improvisation, it doesn’t mean much.
(The original has the violin as the main melody accompanied by the piano.)

この曲は、母親の介護のために実家に戻っている妻と電話で話をしていて、思わず笑ってしまった言葉があり、とっさに頭の中で旋律が流れてきたものを楽譜に書いたものです。 即興ですので深い意味はありません。
(原曲は、旋律がヴァイオリン、伴奏がピアノです。)

我よ、栄光へ向かって立ち上がれ
Stand Up for the Glory.
我よ、栄光へ向かって立ち上がれ
Moderato 4/4 D moll
モデラート 4分の4拍子 ニ短調

When I had been singing the song "Stand up for the glory", I thought I can't stop until getting back a normal life just like before the accident.
Then I got positive ideas.I put two ideas together.

上の「我よ 立ち上がれ」をゆっくりと口ずさんでいたら、放射性物質に負けずに普通の生活ができるところまで進まなければと思いました。
そのときに、前向きな感じの旋律が浮んできたのでその二つをまとめたものです。

半生
Half of My Life
半生
Allegro 4/4 E moll
アレグロ 4分の4拍子 ホ短調

In the middle of my 40s, I was thinking about half of my life.This melody was played in my head.
(The score says 4/4, but 3/4, 4/4, 5/4, 7/4, 8/4, 7/8, 9/8 ,they come one after another.It was a good chance to think about beats.)

40代半ばに自分の半生を振り返っているときに流れてきた旋律で、譜面が残っていましたので載せました。
(4分の4拍子と記載したものの出だしだけで、3/4,4/4, 5/4, 7/4, 8/4, 7/8, 9/8 が入り乱れています。拍子について考えるきっかけになった曲でした。)

 

Play piano music from Fukushima -4beats room-

トップ画像

4 beats room4拍子の部屋

Quadruple tempo sounds stable.
4拍子ってのは、安定感のある拍子ですね。
我よ、立ち上がれ
Stand Up.
我よ、立ち上がれ
Piano Duets Allegro 2/4 A moll
ピアノ二重奏 アレグロ 4分の2拍子 イ短調

Decontamination work made me tired.To shake it off, to stay strong, I wrote this song.

自宅の除染作業を続けていると、もうやりたくないといった気持ちになります。それを振り払い自らを奮い立たせるために作った単純な曲です。

はるをまつひと
Someone waiting for spring
はるをまつひと
Allegretto 4/4 D dur
アレグレット 4分の4拍子 ニ長調

I wrote this song from what came to my mind when I was talking with my wife looking after her mum at her place when she said a word that I couldn’t stop laughing. It’s an improvisation, it doesn’t mean much.
(The original has the violin as the main melody accompanied by the piano.)

この曲は、母親の介護のために実家に戻っている妻と電話で話をしていて、思わず笑ってしまった言葉があり、とっさに頭の中で旋律が流れてきたものを楽譜に書いたものです。 即興ですので深い意味はありません。
(原曲は、旋律がヴァイオリン、伴奏がピアノです。)

我よ、栄光へ向かって立ち上がれ
Stand Up for the Glory.
我よ、栄光へ向かって立ち上がれ
Moderato 4/4 D moll
モデラート 4分の4拍子 ニ短調

When I had been singing the song "Stand up for the glory", I thought I can't stop until getting back a normal life just like before the accident.
Then I got positive ideas.I put two ideas together.

上の「我よ 立ち上がれ」をゆっくりと口ずさんでいたら、放射性物質に負けずに普通の生活ができるところまで進まなければと思いました。
そのときに、前向きな感じの旋律が浮んできたのでその二つをまとめたものです。

半生
Half of My Life
半生
Allegro 4/4 E moll
アレグロ 4分の4拍子 ホ短調

In the middle of my 40s, I was thinking about half of my life.This melody was played in my head.
(The score says 4/4, but 3/4, 4/4, 5/4, 7/4, 8/4, 7/8, 9/8 ,they come one after another.It was a good chance to think about beats.)

40代半ばに自分の半生を振り返っているときに流れてきた旋律で、譜面が残っていましたので載せました。
(4分の4拍子と記載したものの出だしだけで、3/4,4/4, 5/4, 7/4, 8/4, 7/8, 9/8 が入り乱れています。拍子について考えるきっかけになった曲でした。)