福島から奏でるピアノ曲

トップ画像

番外編Extra Editions

思い出を辿って行くと、懐かしさを帯びた60年代のような旋律が浮んでくきます。
Retrace the memories, nostalgic melodies, like 60s, come to me.
Loneliness Since You’ve Gone
君去りし後の寂しさ
Loneliness Since You’ve Gone
アレグレット 4分の5拍子 ホ短調
Allegretto 5/4 E moll

会うときは嬉しいものの、別れ際には寂しさが込み上げてくるものです。そんなときに浮んだ旋律です。

It’s glad to meet somebody, but it’s so lonely when I have to say goodbye.This song is about that feeling.

Thinking About You
貴女を想うとき
Thinking About You
アレグロ-アダージョ-アレグロ 4分の4拍子 イ短調
Allegro-Adagio-Allegro 4/4 A moll

若かった頃の日々を思い起こしたときに浮んだ旋律です。

This melody is came from my young days.

A Park in November
11月の公園
A Park in November
アレグレット 4分の5拍子 イ短調
Allegretto 5/4 A moll

原発事故から半年ちょっと経ったときにお誘いを頂き、東京の根津美術館を巡っていたときに浮んだ旋律です。放射線量を気にしなくてもよい所はいいもので、そのときに浮んだ旋律です。

After a half year from the accident, I got an invitation and I went to Nezu museum in Tokyo.This melody hit upon because I didn’t have to worry about radiation dose rate.

Rain in the Late Fall
晩秋の雨
Rain in the Late Fall
アレグレット 4分の3拍子 ホ短調
Allegretto 3/4 E moll

晩秋に降る雨は遠い昔も思い出させます。いろいろなことがあったと思ったときに頭の中に流れてきた旋律です。

Rain in the late fall reminds me of my old memories.I had been thinking back the things happened in my life, the melody was playing in my head.

Memories
おもひで
Memories
アレグレット 4分の3拍子 ホ短調
Allegretto 3/4 E moll

甘くほろ苦い想い出は誰にでもある。そんな曲です。
(4分の3拍子ということにしてありますが、何拍子かわかりますか?)

Everyone has a bittersweet memories.It’s about that.
(The score says it’s written in 3/4, but do you figure it out what beats it really is?)

To the Persons Who Lived in Good Faith
自分に誠実に生きた人へ
To the Persons Who Lived in Good Faith
アレグロ 4分の5拍子 ニ短調
Allegro 5/4 D moll

親しくして頂いていた或る外国人女性がお亡くなりになり、追悼の曲(《3拍子の部屋》の「樹々の彼方へ」)を完成させたときに突然「違う!」という彼女の声が聞こえてきました。
そういえば、こんな寂しそうという印象はなく、活発なかたであったと思ったときに流れてきた旋律を曲にしたものです。
ご家族には「樹々の彼方へ」をお渡ししました。

My close foreigner friend passed away.To pray for her I wrote a song "Beyond the woods"(in The Room of Triple Tempo).When I finished writing that song, I thought I heard her voice saying "No! It’s not like that!".
I realized that she didn’t look sad, but she was active.That made me to write this song.
I sent "Beyond the woods" to her family.

The Daybreak
夜は明ける
The Daybreak
プレスト 4分の4拍子 イ短調 ピアノ二重奏
Presto 4/4 A moll Piano Duets

原発事故後から数ヶ月した或る夜、めげそうになる自分がいました。そのときに最初にリズムが現れ、次いで旋律が流れてきました。いつ終るかわからないような旋律でした。 記録し始めると少しずつ高揚してくるのがわかります。最後は負けてなるかといった心にさせてくれた旋律でした。

One night after few months from the accident, I almost had broken off my heart.Then the rhythms came up first, and melody followed.The melody sounded like endless.As starting recording, I felt my hearts beats. At the end of the song, its melody gave me a courage not to give in.

An Elegy of Dake Hot Springs
岳温泉エレジー
An Elegy of Dake Hot Springs
アレグレット 3分の4拍子 ホ短調
Allegretto 3/4 E moll

まだ20代半ば頃に、岳温泉の芸者さんから作曲を依頼されました。作詞家の薮内喜一郎氏が岳温泉に来たときに一遍の詩を置いていったとのことでした。詩は失恋物であったので短調にしましたが、依頼者はお座敷で手拍子を入れて賑やかに歌えるものを期待していたとのことで没になりました。
珍しく楽譜が残っていました。

In my early 20s, a geisha in Dake asked me to write a song.Mr.Yabuuchi Kiichiro left me a poem when he had visited Dake. The poem is about heart breaking, so I made it minor. However the song was rejected because she expected a song which can be sung cheerfully at the Ozashiki.
Fortunately, the score is still here.

福島から奏でるピアノ曲

トップ画像

番外編Extra Editions

思い出を辿って行くと、懐かしさを帯びた60年代のような旋律が浮んでくきます。
Retrace the memories, nostalgic melodies, like 60s, come to me.
Loneliness Since You’ve Gone
君去りし後の寂しさ
Loneliness Since You’ve Gone
アレグレット 4分の5拍子 ホ短調
Allegretto 5/4 E moll

会うときは嬉しいものの、別れ際には寂しさが込み上げてくるものです。そんなときに浮んだ旋律です。

It’s glad to meet somebody, but it’s so lonely when I have to say goodbye.This song is about that feeling.

Thinking About You
貴女を想うとき
Thinking About You
アレグロ-アダージョ-アレグロ 4分の4拍子 イ短調
Allegro-Adagio-Allegro 4/4 A moll

若かった頃の日々を思い起こしたときに浮んだ旋律です。

This melody is came from my young days.

A Park in November
11月の公園
A Park in November
アレグレット 4分の5拍子 イ短調
Allegretto 5/4 A moll

原発事故から半年ちょっと経ったときにお誘いを頂き、東京の根津美術館を巡っていたときに浮んだ旋律です。放射線量を気にしなくてもよい所はいいもので、そのときに浮んだ旋律です。

After a half year from the accident, I got an invitation and I went to Nezu museum in Tokyo.This melody hit upon because I didn’t have to worry about radiation dose rate.

Rain in the Late Fall
晩秋の雨
Rain in the Late Fall
アレグレット 4分の3拍子 ホ短調
Allegretto 3/4 E moll

晩秋に降る雨は遠い昔も思い出させます。いろいろなことがあったと思ったときに頭の中に流れてきた旋律です。

Rain in the late fall reminds me of my old memories.I had been thinking back the things happened in my life, the melody was playing in my head.

Memories
おもひで
Memories
アレグレット 4分の3拍子 ホ短調
Allegretto 3/4 E moll

甘くほろ苦い想い出は誰にでもある。そんな曲です。
(4分の3拍子ということにしてありますが、何拍子かわかりますか?)

Everyone has a bittersweet memories.It’s about that.
(The score says it’s written in 3/4, but do you figure it out what beats it really is?)

To the Persons Who Lived in Good Faith
自分に誠実に生きた人へ
To the Persons Who Lived in Good Faith
アレグロ 4分の5拍子 ニ短調
Allegro 5/4 D moll

親しくして頂いていた或る外国人女性がお亡くなりになり、追悼の曲(《3拍子の部屋》の「樹々の彼方へ」)を完成させたときに突然「違う!」という彼女の声が聞こえてきました。
そういえば、こんな寂しそうという印象はなく、活発なかたであったと思ったときに流れてきた旋律を曲にしたものです。
ご家族には「樹々の彼方へ」をお渡ししました。

My close foreigner friend passed away.To pray for her I wrote a song "Beyond the woods"(in The Room of Triple Tempo).When I finished writing that song, I thought I heard her voice saying "No! It’s not like that!".
I realized that she didn’t look sad, but she was active.That made me to write this song.
I sent "Beyond the woods" to her family.

The Daybreak
夜は明ける
The Daybreak
プレスト 4分の4拍子 イ短調 ピアノ二重奏
Presto 4/4 A moll Piano Duets

原発事故後から数ヶ月した或る夜、めげそうになる自分がいました。そのときに最初にリズムが現れ、次いで旋律が流れてきました。いつ終るかわからないような旋律でした。 記録し始めると少しずつ高揚してくるのがわかります。最後は負けてなるかといった心にさせてくれた旋律でした。

One night after few months from the accident, I almost had broken off my heart.Then the rhythms came up first, and melody followed.The melody sounded like endless.As starting recording, I felt my hearts beats. At the end of the song, its melody gave me a courage not to give in.

An Elegy of Dake Hot Springs
岳温泉エレジー
An Elegy of Dake Hot Springs
アレグレット 3分の4拍子 ホ短調
Allegretto 3/4 E moll

まだ20代半ば頃に、岳温泉の芸者さんから作曲を依頼されました。作詞家の薮内喜一郎氏が岳温泉に来たときに一遍の詩を置いていったとのことでした。詩は失恋物であったので短調にしましたが、依頼者はお座敷で手拍子を入れて賑やかに歌えるものを期待していたとのことで没になりました。
珍しく楽譜が残っていました。

In my early 20s, a geisha in Dake asked me to write a song.Mr.Yabuuchi Kiichiro left me a poem when he had visited Dake. The poem is about heart breaking, so I made it minor. However the song was rejected because she expected a song which can be sung cheerfully at the Ozashiki.
Fortunately, the score is still here.