Play piano music from Fukushima -5beats room-

The melodies of the piano from Fukushima
 
HOME > 5Beats Room

5拍子の部屋5 beats room

The songs composed of only quintuple tempo. Quintuple tempo is full of freedom.
Are you with me, Homo sapiens?
1小節残らず5拍子の曲です。5拍子には自由が溢れている。
ホモ・サピエンス諸君、ついてこれるだろうか?
Sonata E minor

原発事故の後、様々な場面で頭の中をいろいろな旋律が駆け巡りました。 場面が記録されているものは「被災者の心」(全3曲)にまとめましたが、どのような場面であったか記憶にないものを集めてこの曲にまとめ上げました。不安や恐怖、憤りの中にあって少しでも希望を見出そうとする日々が思い起こされます。

After the accident, many ideas of songs came through in my head.
I put some scene records together into "the heart of the victims"(all 3 tracks),They remind me of the days I was trying to find any hope even I was in anxiety, fear and anger.

第1楽章
First Movement
アダージョ-アレグロ 4分の5拍子 ホ短調
Adagio-Allegro 5/4 E moll

序奏部の16小節は、不安な心になるといつも浮んでいた旋律です。
第1主題は、何かをしなければならないと思いつつ、何をしたらよいのかがわからないようなときのものだったように思いますが、定かではありません。
第2主題もほぼ同じときのもののように思えますが、一応長調にしました。
しかし、すぐに否定する旋律を入れました。あとは形式的に進めたものです。

16 bars in the introduction were came to my mind when I felt uneasy.
In the first theme, I didn’t know what to do, I’m not sure...The second theme was the same time as first one, but I made it in major.However, I added negative melodies later. After that, it went formality.

第2楽章
Second Movement
アダージョ 4分の5拍子 ホ短調
Adagio 5/4 E moll

原発事故の数週間後の精神的にまいっていたときの夕方、廊下のカーテンを閉めようとしたときに亡き父親が思い出され、思わず泣き言を言ってしまいました。亡き父は、子供の頃に私に言い聞かせた一つの言葉を発するのみでした。 前半は、その父とのやりとりが旋律になったものです。
後半は、その日の夜に気分転換をとネットで絵画鑑賞をしましたが、ミレーの晩鐘を見た瞬間鐘の音とメゾソプラノの歌声が頭の中に流れてきました。何語かはわかりません。鐘の音と歌声をそのまま記録した旋律になっています。

16 bars in the introduction were came to my mind when I felt uneasy.
In the first theme, I didn’t know what to do, I’m not sure...The second theme was the same time as first one, but I made it in major.However, I added negative melodies later. After that, it went formality.

第3楽章
Third Movement
プレスト-アレグロ-アレグレット-アレグロ 4分の5拍子 ホ短調
Presto-Allegro-Allegretto-Allegro 5/4 E moll

原発事故後に浮んだ旋律で、どのような状況下であったか定かではなくなった旋律を集めたものです。
不安や気を取り直そうとしていた頃のもの或いは怒りが込み上げてきたときのもの等であり、情報の良し悪しで刻一刻様々に感情が変化していたためいろいろな旋律をほぼ出現順に入れてあります。 ソナタを数曲作ったほうが早いとまで言われたほど場面が変化して行きます。また、途中で何度も自称「元気出せ」の主題を繰り返し口ずさんでいましたので、その旋律を繰り返し入れてあります。

These are the melodies came after the accident ,but I forgot the situation.
Anxious, positive feelings and anger...so many feelings were mixed in me.Those days, complicated information changed my mind easily.I put some melodies in order.Because so many melodies are in that song ,someone said to me, "Make it sonata. That's much faster."I was singing a theme to cheer me up over and over.So, I put it in this song again and again.

Sonatine C Major

原発事故以後暗い気持ちになることが多かったので、明るい曲を作ってみようとしたものです。

Since the accident, I had felt anxious, so I tried to make a cheerful song.

第1楽章
First Movement
アンダンテ-アレグロ 4分の5拍子 ハ長調
Andante-Allegro 5/4 C dur

20歳ぐらいのときに浮んだ旋律のメモが残っていたので、それを第1主題としてソナチネを作ってみました。
当時はその旋律を何とか4分の4拍子にしようと工夫したものの無理でしたのでそのままにしておいたものです。
第2主題も20代半ば頃のメモがありましたので利用しました。

I found some melody notes which I wrote in my early 20s.Using them, I wrote a sonatine as the first theme.
At that time, I wanted to make it 4/4 tempo.However, I couldn’t make it, so I had left it as it is.
Also, some notes which are from my middle 20s, had made into the second theme.

第2楽章
Second Movement
アダージョ 4分の5拍子 イ短調
Adagio 5/4 A moll

原発事故というものは、今何をしたらよいのかという判断を迷わせることがしばしばでした。
何をするでもなくただ部屋に佇んでいるといろいろな旋律が浮んでは消えていきます。そんな旋律を集めて2楽章にしました。

Because of the accident, I sometimes lost my grip.
Just standing still for a while in my room, melodies came in and out.The second theme was made of them.

第3楽章
Third Movement
アレグロ 4分の5拍子 ハ長調
Allegro 5/4 C dur

東京に住んでいる従姉のピアノの演奏会を聴きにいったときに、放射線量を気にせずに済むためか明るい旋律が次々と浮んでは消えを繰り返していました。そのときにメモしていた旋律を順次入れていったものです。

I went to see a piano concert which my cousin played in Tokyo, and many happy melodies came and went. Because I was relived from worrying about radiation dose rate. The notes were made into this song.

 

福島から奏でるピアノ曲

トップ画像

5拍子の部屋5 beats room

The songs composed of only quintuple tempo.
Quintuple tempo is full of freedom. Are you with me, Homo sapiens?
1小節残らず5拍子の曲です。
ホモ・サピエンス諸君、ついてこれるだろうか?
Sonata E Major

原発事故の後、様々な場面で頭の中をいろいろな旋律が駆け巡りました。 場面が記録されているものは「被災者の心」(全3曲)にまとめましたが、どのような場面であったか記憶にないものを集めてこの曲にまとめ上げました。不安や恐怖、憤りの中にあって少しでも希望を見出そうとする日々が思い起こされます。

After the accident, many ideas of songs came through in my head.
I put some scene records together into "the heart of the victims"(all 3 tracks),They remind me of the days I was trying to find any hope even I was in anxiety, fear and anger.

第1楽章
First Movement
アダージョ-アレグロ 4分の5拍子 ホ短調
Adagio-Allegro 5/4 E moll

序奏部の16小節は、不安な心になるといつも浮んでいた旋律です。
第1主題は、何かをしなければならないと思いつつ、何をしたらよいのかがわからないようなときのものだったように思いますが、定かではありません。
第2主題もほぼ同じときのもののように思えますが、一応長調にしました。
しかし、すぐに否定する旋律を入れました。あとは形式的に進めたものです。

16 bars in the introduction were came to my mind when I felt uneasy.
In the first theme, I didn’t know what to do, I’m not sure...The second theme was the same time as first one, but I made it in major.However, I added negative melodies later. After that, it went formality.

第2楽章
Second Movement
アダージョ 4分の5拍子 ホ短調
Adagio 5/4 E moll

原発事故の数週間後の精神的にまいっていたときの夕方、廊下のカーテンを閉めようとしたときに亡き父親が思い出され、思わず泣き言を言ってしまいました。亡き父は、子供の頃に私に言い聞かせた一つの言葉を発するのみでした。 前半は、その父とのやりとりが旋律になったものです。
後半は、その日の夜に気分転換をとネットで絵画鑑賞をしましたが、ミレーの晩鐘を見た瞬間鐘の音とメゾソプラノの歌声が頭の中に流れてきました。何語かはわかりません。鐘の音と歌声をそのまま記録した旋律になっています。

16 bars in the introduction were came to my mind when I felt uneasy.
In the first theme, I didn’t know what to do, I’m not sure...The second theme was the same time as first one, but I made it in major.However, I added negative melodies later. After that, it went formality.

第3楽章
Third Movement
プレスト-アレグロ-アレグレット-アレグロ 4分の5拍子 ホ短調
Presto-Allegro-Allegretto-Allegro 5/4 E moll

原発事故後に浮んだ旋律で、どのような状況下であったか定かではなくなった旋律を集めたものです。
不安や気を取り直そうとしていた頃のもの或いは怒りが込み上げてきたときのもの等であり、情報の良し悪しで刻一刻様々に感情が変化していたためいろいろな旋律をほぼ出現順に入れてあります。 ソナタを数曲作ったほうが早いとまで言われたほど場面が変化して行きます。また、途中で何度も自称「元気出せ」の主題を繰り返し口ずさんでいましたので、その旋律を繰り返し入れてあります。

These are the melodies came after the accident ,but I forgot the situation.
Anxious, positive feelings and anger...so many feelings were mixed in me.Those days, complicated information changed my mind easily.I put some melodies in order.Because so many melodies are in that song ,someone said to me, "Make it sonata. That's much faster."I was singing a theme to cheer me up over and over.So, I put it in this song again and again.

Sonatine C Major

原発事故以後暗い気持ちになることが多かったので、明るい曲を作ってみようとしたものです。

Since the accident, I had felt anxious, so I tried to make a cheerful song.

第1楽章
First Movement
アンダンテ-アレグロ 4分の5拍子 ハ長調
Andante-Allegro 5/4 C dur

20歳ぐらいのときに浮んだ旋律のメモが残っていたので、それを第1主題としてソナチネを作ってみました。
当時はその旋律を何とか4分の4拍子にしようと工夫したものの無理でしたのでそのままにしておいたものです。
第2主題も20代半ば頃のメモがありましたので利用しました。

I found some melody notes which I wrote in my early 20s.Using them, I wrote a sonatine as the first theme.
At that time, I wanted to make it 4/4 tempo.However, I couldn’t make it, so I had left it as it is.
Also, some notes which are from my middle 20s, had made into the second theme.

第2楽章
Second Movement
アダージョ 4分の5拍子 イ短調
Adagio 5/4 A moll

原発事故というものは、今何をしたらよいのかという判断を迷わせることがしばしばでした。
何をするでもなくただ部屋に佇んでいるといろいろな旋律が浮んでは消えていきます。そんな旋律を集めて2楽章にしました。

Because of the accident, I sometimes lost my grip.
Just standing still for a while in my room, melodies came in and out.The second theme was made of them.

第3楽章
Third Movement
アレグロ 4分の5拍子 ハ長調
Allegro 5/4 C dur

東京に住んでいる従姉のピアノの演奏会を聴きにいったときに、放射線量を気にせずに済むためか明るい旋律が次々と浮んでは消えを繰り返していました。そのときにメモしていた旋律を順次入れていったものです。

I went to see a piano concert which my cousin played in Tokyo, and many happy melodies came and went. Because I was relived from worrying about radiation dose rate. The notes were made into this song.